夜勤専従を選ぶためにチェックしておきたいこととは?

08yasen

08yasen看護師として働く場合、
気になることの一つがシフトですよね。

日勤と夜勤を繰り返す勤務は、
身体にとっては負担がかかります。

 

できれば、勤務時間帯を固定したいという人もいますよね。
多くは日勤に固定したいと考えるため、
夜勤が手薄になることが多くなります。

そのため、求人は夜勤専従の方が目立つんですよね。

 

ですが、昼間勉強をしたい。
家事などがあるので日中は働けない。
できれば効率よく働きたい。

という人にとっては、
この夜勤専従という仕事はかなり魅力的になります。

 

少ない時間でも収入も得ることが出来ますので、
人気になっているんです。

ただ、どうしても勤務日数の関係で、
非正規雇用のパートやアルバイト採用になってしまう。
というケースが多くみられます。

 

正規雇用と異なる点というのが、
あるんですよね。

まず福利厚生などが、
正規雇用と異なる可能性があります。

 

また、社宅や寮といった施設を利用したいと持っても、
非正規雇用であることで、
利用が出来ないケースもあるんです。

夜勤は病院によっても忙しさなどが異なりますので、
自分が思っていたような勤務ではなかったというケースもありますよね。

 

このようなチェックしておきたいポイントというのは、
いくつかあるんです。

夜勤の勤務が過酷すぎるという病院もあります。
このような病院での夜勤専従はとても大変ですので、
よく確認しておきましょう。

働くスタイルの一つとしての夜勤専従

07sutairu

07sutairu病院にはいろいろな人が勤務しています。
当然、そのスタッフを雇用するために、
求人募集が行われていますよね。

その中でも看護師の求人は、
かなり頻繁に行われています。

 

以前はシフト勤務の看護師の募集が多かったのですが、
最近では勤務時間を絞った求人というものも目立ってきました。

例えば、日勤のみ、夜勤のみといったように、
働く時間をあらかじめ決めた状態での、
求人です。

 

このうち夜勤のみの勤務は、
看護師の中には静かだし楽。
という方もいますが、実際には体力も使いますし、
緊急時の対応などは難しい面もあります。

人員配置についても手薄になりますので、
経験や知識、技術も必要になってきます。

 

仕事量としては少なくても、
日勤よりはハードになることも多いんです。

 

この夜勤専従という働き方は、
厚生労働省からも一ヶ月の勤務回数が制限されるなど、
働き方としては大変なものになります。

また、病院側としても、
夜勤手当を手厚くするといった配慮なども取られています。

 

勤務日数が限られているため、
正規雇用ではなくパートやアルバイトといった
非常勤扱いになることがありますが、
逆にこれが人気になっているという一面もありますよ。

夜勤専従は、
生活スタイルに合わせて働くことができる、
看護師の働き方の一つです。

夜勤専従のメリットというのは何かあるの?

06meri

06meri日本の経済状態というのは、
以前に比べると幾分上向きになってきています。

ですが、実際にはまだまだ不況下にある状態で、
正社員として働くことが出来る。
という人は、以前に比べるとまだまだ割合的には少なくなっていますよね。

 

そんな中で看護師という仕事は、
免許がなければ付くことが出来ない職業として、
求人も豊富で、正職員として働きやすい、
雇用されやすい職業になっています。

もちろん、正職員としてだけではなく、
さまざまな働き方を、
自分自身が選ぶことが出来るという職業でもあるんです。

 

看護師の中には、できれば少ない勤務日数いで、
でもちゃんとお給料をもらいたい。
という人もいますよね。

そんな方にお勧めなのが、
夜勤専従という働き方です。

 

夜勤というのは、
文字通り夜間に勤務する勤務形態です。

夜勤専従は
この夜勤を専門的に勤務するという勤務スタイルです。

 

夜勤は夜勤手当なども付きますので、
同じ時間の日中の勤務に比べると格段と収入が多くなります。

日中はプライベートの時間に充てることが出来ますので、
普段できない用事をする。
ということだってできてしまいますよね。

 

小さな子供がいるという方であれば、
子どもが寝ている間に働き、
旦那さんや家族などに働いている間は育児を頼むということで、
保育園の費用などを抑えることもできますよね。

夜勤専従の求人は、増えているの?

05kyuujin

05kyuujin病棟勤務をしていると、
夜勤が当たり前。
だと思いますよね。

ですが、ライフステージの変化などによって、
夜勤が出来なくなってしまう。
という看護師も多くいます。

 

そのため、最近では日勤のみの勤務
という看護師も増えてきています。

では、夜勤はどうするのか?
というと、夜勤専門の看護師を雇用して、
夜勤を担ってもらうということが行われるようになりました。

 

この夜勤専従の看護師の募集は、
最近ではかなり多く見られるようになってきています。

夜間の看護師が不足している、
それが深刻な病院では、
かなり頻繁な求人も見られるんですよ。

 

夜勤を行うことが出来ない看護師は、
年々増えてきています。

それと同時に、
夜勤専従の看護師の募集というのは
増えてきているんです。

 

夜勤が出来る看護師は、
それだけ優遇されていますし、
給料面でも、少ない勤務日数なのに高め
といった面もメリットとしてあげられます。

 

ただ、今日本は少子化で、
今後夜勤を担うことが出来る人材が減ってくる可能性もあり、
今後は外国人の看護師を募集する。
というような案も出てきています。

日本でしっかりと
日本語研修や臨床での研修を行った上での雇用、
ということも考えられています。

 

看護師の夜勤をとりまく環境というのは、
このような状態になっています。

夜勤のメリットとデメリット

04syuunyu

04syuunyu病棟で夜勤をする場合、
なにかメリットというのはあるのでしょうか?

 

まず、夜勤は夜勤手当などが支給される為、
同じ時間の日勤をこなした場合に比べると、
収入面では高くなります。

短時間で高収入を得られるというのは、
夜勤のもっとも大きなメリットですよね。

 

夜間は患者さんも就寝中ということもあり、
急変などがない場合には、落ち着いて仕事をすることが出来ますし、
仕事量としても日中に比べると比較的少ないことが多くなりますよ。

 

夜勤はメリットだけではなく、
デメリットもやはり存在します。

例えば、人は夜眠り昼間は起きている。
というのが普通の生活です。

 

夜勤は夜間起きているため、
昼夜逆転の生活になり、
体調不良などを起こしやすい環境になります。

特に女性の場合には、
生理不順などになる可能性もありますよね。
この点は注意は必要です。

 

また、夜勤は人員配置が手薄になるため、
さまざまな事態に対応できる事も必要ですよね。

患者さんの命を守るためには、
看護師としての高度な知識や技術も必要です。
また、経験なども必要になります。

 

夜勤を専門的に担う夜勤専従の場合には、
常勤採用ではなく、パート採用の場合が多いというのも、
デメリットの一つになりますよね。

2交代と3交代、どっちがいいのかな?

03sifuto

03sifuto病院の中でも、
病棟勤務をする看護師の場合には、
シフト制の勤務になってきます。

日勤と夜勤と大きく分けると
二つの勤務体系がありますよね。

 

このうち夜勤は、
病院によっては夕方から翌朝までの勤務になる2交代制夜勤、
夕方から深夜まで、深夜から翌朝までの勤務に分かれる3交代制勤務。

とさらに二つに分けることが出来ます。

 

2交代勤務と3交代勤務では、
一勤務で働くことになる時間も異なります。

2交代の方がより長い時間の勤務になりますが、
3交代の場合には、
深夜の帰宅や深夜の出勤が必要になるんです。

 

夜勤は、日勤に比べると、
同じ時間を働いたとしても体力をより使うことになります。

2交代制と3交代制では自分に掛かってくる負担というのは、
人によってもかなり変わってきますよね。

 

2交代制勤務の場合には、
夜勤を行うことになる日数が減りますし、
逆に3交代制勤務の場合いは、一回の勤務時間が少ない分、
夜勤に入る日数は増えてしまいます。

仮眠が取れる時間帯なども異なりますので、
一概にどちらの勤務が良いという訳ではないんですよね。

 

ですが、夜勤は夜勤手当も付きますので、
収入面では高くなります。

そのため、中には夜勤専門のアルバイトなども人気ですよね。
この場合でも、2交代なのか3交代なのかを
よくチェックすることは大切ですよね。

夜の病棟の実際のところって?

02kowai

02kowai夜勤は看護師の中には、落ち着いて仕事が出来るし、
時間的にも余裕があるので好き。
という方もいますよね。

その一方で、実は夜勤はハードな勤務で、
苦手という方もいます。

 

この夜勤の時間帯、
実際にはどんな感じなのでしょうか?

 

新卒で採用された看護師は、
基本的に最初のうちは夜勤に付くことがありませんよね。

理由は、夜勤はやはり経験が必要で、
必要最低限の看護師としての技術、
知識はなければ、勤務が難しいからなんです。

 

夜間の時間帯というのは、
もともと看護師配置が少なく、
仕事自体もてきぱきとこなしていく必要があります。

実はこまごまとした仕事は多く、
食事や検温、配薬といった仕事を
短時間でこなしていく必要がありますよね。

 

気が付くとあっという間に時間がたっていた
ということもあるんです。

 

日中の病院と異なり、
夜間は医師の配置も手薄になります。

患者さん一人ひとりの状態を
カルテなどでしっかりと確認して
把握しておく必要がありますよね。

 

術後間もない方や重傷な患者さんは、
特に目が届く範囲でしっかりと観察する事や、
計器類の確認なども行う必要があります。

翌朝に交代する看護師への引継ぎ準備などを行っている間に、
あっというまに朝になってしまった。
ということも実際にありえますよね。

 

静かな中で、
緊張感を持ちながら
勤務をしなければならないのが夜勤です。

思っているよりも体力を使う時間帯にっもなってきます。

 

ですが、患者さんのために、
看護行うということは、看護師としてのやりがいに通じますよね。
また、勤務明けには達成感も感じられますよ。

夜勤は好きですか?

01yuttari

01yuttari看護師の勤務体系には、
夜勤というものがあるケースが多くみられます。

この夜勤、なんとなく嫌と感じている人もいますが、
実は夜勤が好き。
という人もいますよね。

 

夜勤はその名前の通り、
夜間に勤務する事になります。

勤務時間というのは、働くことになる医療機関によって異なりますが、
2交代制なら夕方から翌朝まで、
3交代制なら夕方から深夜、深夜から翌朝といった時間帯になりますよね。

 

ですが、この時間帯にずっと勤務が必要という訳でありませんよね。

夜勤はだいたい2~3人体制で勤務に当たります。
順番に仮眠をとることが出来る時間もあるんです。

 

夜間は手薄にはるため、
万が一のトラブルなどがあると忙しくなりますが、
ほかの看護師などと連携して対応することが出来るんですよ。

患者さんの多くは、夜間の時間ですから就寝中です。
そのため、日中の雑然としている病棟内も静寂に包まれていますし、
中には落ち着いているので夜勤は働きやすいという人も多いんですよね。

 

少ない勤務時間でも、
夜勤手当などが付くために給料も良くなります。

この点でも夜勤の方がいい、
という方も多いんです。

 

考え方いかんによって、
このように夜勤に対する思いというのは、
異なるものなんですね。

看護師の仕事探しで人気!夜勤専従ナースの本音

uehjksnhfd

希望休は取りにくい

uehjksnhfd

夜勤専従の看護師の仕事探しにおいて、
確認しておかなければいけないことに、休日数があります。

勤める医療機関の規模によって異なりますが、ひと月のうちに
ほとんど希望する日に休むことができない場合もあるので、
面接のときには、よく確認しておくべきことです。
 

土曜日曜なども場合によっては、
全く休むことができない職場もあります。

自分自身や家族の生活スタイルが大きく変わってしまうことも
考えられますので、勤務に就く前に確認することが不可欠です。

 

 

衛生管理は厳重に

ただでさえ、多くの業務に追われるのが病院での夜勤の実態です。

昼間の時間帯には、多くの外来患者や手術の対応に
追われますので、医療器具の洗浄や整備、
準備は主に夜間の時間帯に行われます。
 

食品を扱う小売の現場と同様に衛生管理の面では、
特に厳重管理が行われていますので、
細心の注意を持って行わなければいけない業務の一つであります。

器具の使い回しや不十分な洗浄での使用は一切許されません。
 

また、勤務が終了するさいには、
引き継ぎの看護師に入院中の患者さんの容態や注意事項を
的確に伝えなければいけませんので、そのための準備も必要です。

人の命を扱う現場ですので、
一瞬たりとも気を抜くことはできないですが、
やりがいのある仕事です。

 

 

同じ時間帯での勤務スタッフは何人?

dsfjijfsd

夜勤専従の看護師の仕事探しにおいて、
とかく見落としがちになるのが、同じ時間帯に勤務する
看護師や医師などスタッフの人数であるといわれています。

どの程度の規模の医療機関であるかを把握し、
昼間の時間帯と夜勤の時間帯での医療従事者の人数も
理解したうえでの就職が重要であるといいます。
 

基本的には、医療現場では、昼間の時間帯には起こり得ないことも、
夜勤の時間帯には起こり得るとして、看護師にとっては、
大きな負担になるというケースも多いといわれています。

患者さんの突然のナースコールにも
対応しなければいけないことも多くあるといいます。
 

また、重篤な病状の患者へのケアも
こなさなければいけないことであります。

 

 

他のスタッフとの連携を大切に

昼間は大人しくしている人であっても、
夜間になると徘徊をするという患者にも
多くの労力を費やさなければいけないといえます。

当然ながら、看護師一人でまかないきれることではありませんので、
一緒に勤務する看護師や医師との連携を密にして
乗り切っていかなくてはいけません。
 

ときには、入院患者の
話し相手になってあげることも必要になります。

医療機関においても、多くの人間が関わり合いを持って、
運営されています
ので、密な連携が重要であります。